お客様の繁栄が私たちの使命です。
お気軽にお問い合わせください。
受付時間:

9:30~17:30(平日)

ご案内

顧問税理士変更をお考えの方

そろそろ顧問税理士の変更を考えませんか?

税理士を探されるにあたっては、下記を一つの選択基準にされることをおすすめ致します。


ご自身で事業を行っている経営者の方にとって、税理士はもっとも身近な存在です。

他の人には相談できないことも税理士には相談できるという関係が、経営者と税理士のあるべき関係だと思います。

企業の生存率は、1年後には60%、5年後には15%、10年後には6%といわれています。
さらには廃業率が開業率を上回るという厳しい環境にある中小企業にとって、経営の相談ができる税理士がいるかいないかは、企業の成長・発展にとって重要な要素といえます。

にもかかわらず、顧問税理士が年配の方で、相談しにくい関係にあるというご相談をよく頂きます。
とくに事業承継が行われて後継者の方が社長になったケースや会計事務所を取引先から紹介された方などは、税理士が年上で話しづらいというご相談をよく頂きます。

現在の税理士と何でも相談できる関係にあるか改めて見直してみてください!


また、ネット社会により情報を多く知ることができ、さらには国際化の進展により、経済社会は急速に変化しています。このように急速に変化する時代においては経済・社会もそうですが、税法もたくさんの改正が毎年行われています。

時代の潮流に乗れている税理士かどうか見直してみてください!


大手税理士法人などで良くある傾向ですが、担当者がそもそも税理士の資格を持っていないというケースもあります。
税務調査では、税理士でないと立ち会いが認めらておらず、また税理士でないと本来はお客様の税務相談に応じてはいけないと規定されています。
さらには、会計事務所の経営方針により担当者が数年ごとに変わり、会社の内容を改めて説明しなくてはいけないという問題が発生します。

資格を持った税理士で担当替えなどなく末永く付き合える関係か見直してみてください!



≪税理士の変更をしにくい理由≫

税理士により、知識・能力・考え方は異なります。

飲食店や美容室と異なり、たくさんの事務所を試すことができないため比較ができず、税理士を安易に変更できないという問題があると思います。

当事務所では、1年契約を原則とはしていますが、万が一途中解約になっても一切違約金等はありません。

理由と致しましては、お客様とは信頼関係をしっかり構築したうえで仕事をしたいと考えているからです。

当事務所のミッションとして

常に知識の向上に努め、お客様に質の高いサービスを提供すること

人と人とのつながりを大切にし、お客様の最高のパートナーを目指すこと

を掲げさせていただいております。

現在の税理士に満足されていない方は、ぜひ一度ご相談いただけたら幸いです。

お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください。
確定申告支援センター 川崎・横浜
電話:044-230-0033
受付時間:

9:30~17:30(平日)

お問合せフォーム