日野市の地域密着型税理士事務所

税務のマメ知識 その2

税理士からのお役立ち情報

【税の歴史をさかのぼってみましょう!】

飛鳥時代の701年に完成した大宝律令では、「耕地の広さに応じて稲を納める税」や「その土地の特産物を納める税」など、租・庸・調という税の仕組みができました。

室町時代は米などの年貢が税の中心でした。
また、街道に設けられた関所では、通行税の関銭などが税として課せられました。

安土桃山時代は豊臣秀吉が太閤検地を行い、農地の面積だけでなく収穫高なども調べて年貢を納めさせるようにしました。

江戸時代には、当時の営業税や営業免許税にあたる運上金・冥加金を、商工業者などに課税するようになりました。

明治時代になると政府は、歳入の安定を図るために地租改正を実施します。
地券を発行して土地の所有者を確定し納税義務を課しました。
そして、課税の基準を従来の収穫量から地価に改め、地租として貨幣で納めるようにしました。
また、所得税や法人税が導入されたのもこの頃です。

現在ある税の仕組みができはじめたのは大正時代から昭和初期にかけてで、1940年(昭和15年)には源泉徴収制度が採用されました。

1989年(平成元年)には消費税が導入されます。
当初の税率は3%でしたが1997年には5%に、そして2014年の今年に8%となりました。

このように税の制度は、社会の変化にともない変わってきました。
そして、これからもまた変わっていくことでしょう。
URL
ご相談は
日野市 税理士 ステップ会計事務所