ニュース

大浦天主堂境内にキリシタン博物館 4月1日開館

 今夏の世界文化遺産登録が期待される「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産、大浦天主堂の境内に4月1日にオープンする「キリシタン博物館」が3月17日、一足早く報道陣に公開されました。大浦天主堂は年間約50万人が訪れる長崎観光の中心施設です。世界遺産価値の背景にある日本のキリシタン史を知ってもらおうと、カトリック長崎大司教区が天主堂に隣接する旧羅典神学校(国指定重要文化財)と旧長崎大司教館(県指定有形文化財)を改装し、博物館として活用することにしました。明治から大正期に建てられた貴重な洋風建築物の両棟の中に130点を展示します。戦国時代に伝来したキリスト教が、繁栄、弾圧、潜伏の歴史を経て、現代につながっていることを紹介します。天草・大江地区の潜伏キリシタンが隠し持っていたキリストや天使の像、十字架を刻んだメダイなど4点は国内初公開となります。天主堂や周辺のガイド育成にも取り組みます。

長崎新聞②
2018年4月5日更新
お気軽にお問い合わせください。
出島会計事務所 税理士 安達幹彦