ニュース

ヘルプマーク6月1日から配布 席譲る配慮を 長崎県

 内部障害や難病など外見からは分かりにくいですが配慮が必要な人が周囲から手助けを得られやすいよう、長崎県は6月1日から希望者にヘルプマークをあしらったストラップとカードを無料配布します。長崎県は「マークを見たら電車で席を譲るなど、配慮をお願いしたい」と呼び掛けています。ヘルプマークは十字とハートを組み合わせた全国統一のデザインです。ストラップはバッグに付けるなどして配慮の必要性を周囲に知らせます。カードには名前や病名、緊急連絡先などを記入して携行し、援助が必要な時に活用します。いずれも希望者には1人1個、長崎県障害福祉課や長崎県内21市町の障害福祉担当窓口で配布します。ヘルプマークは東京都が2012年に取り入れて以来、6月18日までに21都道府県が導入しています。長崎県内では雲仙市が2015年から独自にヘルプカードを配布しています。長崎県によりますとヘルプマークは昨年7月、日本工業規格(JIS)に登録され、全国で導入する自治体が増えたため、長崎県も昨年から活用の準備を進めてきました。

長崎新聞②
2018年6月25日更新
お気軽にお問い合わせください。
出島会計事務所 税理士 安達幹彦