ニュース

13電停が今日から名称変更 長崎電気軌道

 長崎市内で路面電車を運行する長崎電気軌道(長崎市)は8月1日、35年ぶりに電停の名称を変更しました。「築町」を「新地中華街」にするなど全39カ所中13カ所を対象としました。前日から当日始発までに、社員らが路線案内図などの交換作業に追われました。1915(大正4)年の運行開始以来、最大規模の電停名変更です。「公会堂前」と「市民病院前」は当該施設が廃止になったり衣替えしたりしたため、それぞれ「市民会館」と「メディカルセンター」に修正しました。「正覚寺下」が「崇福寺」になるのに伴い、1号、4号系統の行く先表示も切り替えました。「めがね橋」(旧賑橋)や「原爆資料館」(旧浜口町)など名所を取り入れ、観光客の利便性を向上させました。これを機に全電停の路線案内図のデザインも一新しました。進行方向のみ表示を濃くして、上りと下りの区別がつきやすくしました。7月31日は長崎市大橋町の同社浦上車庫で、作業員が営業車両69両の行く先表示方向幕を新品と取り換えました。

長崎新聞④
2018年8月8日更新
お気軽にお問い合わせください。
出島会計事務所 税理士 安達幹彦