ニュース

民間平均給与、432万円に回復 リーマン危機前の水準

 民間企業で働く会社員やパート従業員らが2017年に得た平均給与は432万2千円で、リーマン・ショックの前年の2007年(437万2千円)の水準に回復したことが国税庁の民間給与実態統計調査でわかりました。景気拡大などが背景にあるとみられます。平均給与は1997年(467万3千円)をピークに2012年(408万円)まで減少傾向でしたが、2013年以降5年連続の上昇となりました。男性531万5千円、女性287万円で、女性は男女別のデータがある過去40年間で最高額でした。正規雇用(役員らを除く)の人の平均給与は493万7千円(前年比6万8千円増加)、パートや派遣社員など非正規の人は175万1千円(前年比3万円増加)でした。両者の差は318万6千円で、拡大傾向が続いています。

朝日新聞⑤
2018年10月2日更新
お気軽にお問い合わせください。
出島会計事務所 税理士 安達幹彦