ニュース

健康増進事業 県が資金募る クラウドファンディング初利用

 長崎県は、健康づくりに取り組む県民を支援する健康増進事業「サポートメイト制度」の事業費の一部をインターネットの「クラウドファンディング」で募っています。集まった資金はサポートメイト制度のガイドブックやグッズの製作費に充てます。長崎県によりますと、長崎県内の行政機関がクラウドファンディングを利用するのは初めてとのことです。サポートメイト制度は、近所の人や職場の仲間と一緒に階段を上り下りしたり、朝食を食べたりして、健康増進につなげる狙いです。11月上旬からインターネットなどで登録者を募り、本年度中に1万人の登録者数を目指します。クラウドファンディングの受け付けは9月11日から開始し、11月9日までで目標は450万円です。健康的な食事や運動法を紹介するガイドブックや反射材を使ったアームバンドなどを製作します。1万円以上出資した人には県産食品などを贈る予定です。長崎県は「健康長寿日本一の県づくり」を掲げていますが、介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる健康寿命は、2016年で男性71・83歳(全国30位)、女性74・71歳(全国28位)にとどまります。長崎県国保・健康増進課は「健康長寿を実現する鍵は県民一人一人の実践。この事業をきっかけに健康増進の取り組みを始めてほしい」としています。

長崎新聞①
2018年10月2日更新
お気軽にお問い合わせください。
出島会計事務所 税理士 安達幹彦