しいはら式月次決算・経営分析・経営計画黒字経営を!!

案内板

相続と贈与

相続税!! その時、家族はどうする?  もう他人ごとではありません。!! 
「うちは財産が少ないから関係ない」「先の話だからまだ大丈夫」と思われる方が多いようです。しかし、相続はお金持ちだけの問題ではないのです。相続税の大改正によりサラリーマン世帯にも相続税がかかる可能性があります。

◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆
     「佐倉市消費者大学講座」にて講演をしました
  講演テーマ「相続税 知らないと損をする。知って得する節税対策!!
◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆

-------------------------------------------------------------------------------------------
■以下のようなことで困っている方はお気軽にご連絡ください
-------------------------------------------------------------------------------------------
・何をどうすればよいか、全て解らない
・相続税の試算をしたい
・相続税がかかりそうだが、どうすればよいか解らない
・どのように遺産分割をすればよいか解らない
・節税したい
・子供に財産を贈与したい

-------------------------------------------------------------------------------------------
相続税の申告・納税までのタイムスケジュール
-------------------------------------------------------------------------------------------
死亡の日(相続開始の日)

     ▼

<7日以内>
死亡届の提出:死亡診断書を添付して市区町村長に提出

     ▼

<3か月以内>
・葬儀費用の領収書等の整理・保管
・遺言書の有無の確認
・相続人・遺産(財産・債務)の調査・評価
・相続の放棄又は限定承認:家庭裁判所に申述する

     ▼

<4か月以内>
準確定申告:被相続人の死亡の日までの所得税・消費税の申告・納税をする

     ▼

<10か月以内>
・遺産分割協議書の作成
・納税方法の検討
・納税資金の準備
・相続税の申告・納税をする


-------------------------------------------------------------------------------------------
知らないと損をする。知って得する節税対策!!
-------------------------------------------------------------------------------------------
対策を立てれば相続税は安くなります

そのためには、 「節税対策」「もめない対策」「財源対策」が大切です。
生前と死後では対策が違います 是非早めの節税対策を!!

≫ 1 「節税対策」
 (1)生前贈与で課税遺産総額を少なくする
  ①毎年110万円までの贈与は贈与税が非課税
  ②配偶者への居住用資産の贈与は最大2,000万円まで贈与税が非課税
  ③住宅取得資金贈与の場合
    最大1,000万円まで贈与税が非課税
  ④相続時精算課税制度を利用した場合
    住宅取得資金贈与以外の場合は、最大2,500万円まで
    住宅取得資金贈与の場合は、最大3,500万円まで贈与税が非課税
  ⑤教育資金一括贈与の場合は、1,500万円まで贈与税が非課税

 (2)財産評価を下げ課税遺産総額を少なくする
  □生前
  ①非課税財産である墓地、仏壇、仏具を買う     
  ②物納用、売却用の土地は、測量しておく
  ③更地に賃貸アパートを建てることで貸家建付地にすると評価額が下がる
  ④更地を駐車場として利用すれば、50%の評価減になる
  ⑤自己所有する土地・建物で個人事業を営業している場合、その事業を
   法人化し、その法人に土地・建物を貸すことで、土地は貸家立付地、
   建物は貸家で評価するので評価額が下がる。

  □相続後
  ①土地の評価を正しく行う:
   小規模宅地等の特例を利用すると最大80%の評価減になる
  ②うまく宅地分割をする

 (3)その他の節税対策
  ①法定相続人になれる養子縁組をする:
   実子がいる場合は1人、実子がいない場合は2人まで
  ②住宅の建て替え、リフォームをすると4割~6割の評価額になる
  ③葬式費用に掛かった領収書は、必ず保管しておく
  ④配偶者の税額軽減を使う:配偶者は遺産額1億6,000万円まで相続税ゼロ

≫ 2 「もめない対策」
  □生前
  ①公正証書遺言書を書いておく
  ②財産を分けやすくしておく:
   土地を一人で使いすぎない、あえて建物を建てない土地を残しておく

  □相続後                             
  遺産分割が終わらないと、節税規定が使えないので、遺産分割協議の
  方向性を認識し、協議を円滑に進める準備が必要

≫ 3 「財源対策」
  □生前
  ①死亡時に保険金が受取れる終身保険に入る
  ②物納用の土地を残す
  ③会社からもらう死亡退職金を使う

  □相続後                             
  ①現金納付、物納、延納を組み合わせる
  ②相続した土地を売却するなら、3年以内がお得

-------------------------------------------------------------------------------------------
■相続税の大増税が到来!
-------------------------------------------------------------------------------------------
平成27年から相続税の増額
 ・基礎控除額を4割縮小
 ・死亡保険金の非課税枠の縮小
 ・相続税率の引上げ:課税遺産総額2億円超から

-------------------------------------------------------------------------------------------
料金表(消費税は別途かかります)
-------------------------------------------------------------------------------------------
 ・相続税申告書の作成
   ⇒20万円 + 資産総額の0.735%~1.26%

 ・概算相続税額の試算、資産評価
   ⇒10万円~

 ・金融機関の名義変更
   ⇒一行 2万円~


△▼△▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△▼△▼

初めての方無料ご相談受付中!下記電話、ファックス、メールにて

≫お問い合わせフォームはこちら

△▼△▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━△▼△▼
初めての方 無料相談受付中!
しいはら税理士事務所