東京都・東京近郊で法人税・相続税申告のご相談なら、文京区の谷澤佳彦税理士事務所へ

Topics

社員に支給する制服等の非課税条件

社員に支給する制服等の非課税条件
専ら勤務場所のみで着用の作業服等

会社が従業員に対して作業服や事務服、制服等を支給しているケースは少なくありませんが、支給条件等を誤ると課税されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

使用者が、その職務の性質上制服を着用すべき従業員に対して、制服その他の身の回り品を支給することによる経済的利益については、所得税法上、非課税所得とされています。
また、専ら勤務場所のみで着用する作業服や事務服等についても同様に取り扱ってよいことになっています。

しかし、この場合において非課税とされるのは、専ら勤務場所において着用する事務服等の「現物」による支給です。
勤務場所以外でも着用できる私服の支給や、制服手当てのように現金で支給される場合には給与として課税されることになります。
例えば、私服として着用できるスーツを制服として支給した場合は、所得税法上非課税とされる制服等には当たらないことから、給与等として源泉徴収する必要があります。

税務上、事務服・作業服等の支給が非課税とされる要件は、
(1)専ら勤務する場所において通常の職務を行う上で着用するもので、私用には着用しない又は着用できないこと
(2)その職場に属する者の全員又は一定の仕事に従事する者の全員を支給の対象とすること、(更に厳格にいえば、それを着用する者がそれにより一見して特定の職員又は特定雇用主の従業員であることが判別できるものであること) が必要とされています。

基本的な考え方は、制服等の支給は、
・給与所得者の職務の遂行上欠くことのできないと同時に
・その給付は使用者自身の業務上の必要性に基づくものであって
・給与所得者の勤務条件上も使用者が負担すべきものとされている場合が多く、
・その費用を支出すべき主体は、使用者とみることができ
・給与所得者の役務提供に対する対価という性格が極めて希薄である
ことから、一定の制服の支給を非課税として取り扱うこととしているというものです。
2017年11月22日更新
お気軽にお問い合わせください。
谷澤佳彦税理士事務所