人を大切にする経営を実現するために、経営者と二人三脚で「利益がでる会社」「お金が残る会社」をめざします。
  • HPヘッダー画面4

こんなお悩みございませんか?

✅ 利益は出ているのに、なぜかお金がない・・・
✅ 売上は増えているのに、利益が出ない・・・
✅ 設備投資をしたいけど・・・大丈夫かな???
✅ 人を採用してやっていけるかな?
✅ 銀行からお金を借りたい・・どうすればいい?
✅ 社員が楽しそうに仕事をしていない。
✅ 社風をよくしたい
✅ 社員の給与をあげたい。
当社は、経営者のこんなお悩みを解決します。
今の税理士先生を変えなくて大丈夫。
セカンドピニオンとして、お試しサポートをうけてみませんか?

中小企業の経営課題を解決する当社のツールをご紹介

事業再構築補助金申請のために「認定経営革新等支援機関」をお探しではありませんか?

092photo-0001

コロナが発生してからというもの
国はあらゆる施策を打ち出して
中小企業を救ってくれようとしています。

近々、公募予定の「事業再構築補助金」は、
認定支援機関または金融機関とともに
事業計画を作成することが要件となっています。

国の救いの手を掴むか、掴まないかは、
事業者の選択によります。

あなたの顧問税理士は、
あなたのその悩みに真摯に応えてくれていますか?

税理士のほとんどが、
今回公募される「事業再構築補助金」の
申請サポートに携わるべき「認定経営革新等支援機関」ですが、
そのほとんどが、
補助金申請などしたことがないのが現状です。

なぜならば、
日々の会計入力、申告書作成に追われているからです。

そんなところにお客様から
「補助金で相談したいことがあるんだけど・・・」
と相談されても、
常に人員不足で成り立っている会計事務所は
対応する時間もなければ、
補助金申請のノーハウも持っていないので、
お客様の相談にのって差し上げることは
不可能であることは火を見るより明らかです。

当社は、
すでにものづくり補助金の申請や
コロナ融資サポートなどの実績があり、
セカンドオピニオン税理士としても活動していますので、
お客様が長らく親しんでこられた顧問税理士先生を
変更いただかなくても、
スポットでのお悩みを解決いたしております。

補助金は返済義務のない融資です。
申請してから実際にお金が入るまで、
容易ではありませんが、
(お金が入ってからも5年間の実績報告などあります)
ともに寄り添っていきますので
これを機会に補助金にチャレンジしてみませんか?

6か月先、1年先のキャッシュがいくらになるのか?不安ではありませんか

2019052901

今月の資金繰りの予定は把握できても
6か月先の、1年先のお金がどれだけあるか?
怖いけど知りたくありませんか?

たしかに多くの会計事務所では、
キャッシュフロー計算書を
決算の時に作成してくれますが、
毎月はつくってくれないし、

お客様にとっては、
意味もよくわからないはず・・・。

それに決算が終わってから報告を受けても
これからのことが知りたいのに・・・
とお考えではありませんか?

弊社では、
前期決算書、進行期の試算表をお持ちいただければ、
6か月先のお金がいくらくらいありそうか
シミュレーションいたします。

賞与をどれだけ出せるかな?
税金が払えるかな?
新規事業に取り組みたいけど
どれだけお金をかけれるか?
今の借入金をどうにか整理したいけど・・・

などなど、
顧問税理士には相談しにくいお悩みなどに
スポットで対応いたします。

少し期間をかけて顧問させていただく場合は
3か月、6か月などの期間を定めて対応させていただきますので
顧問税理士を変えていただかなくても
構いません。

時間は待ってくれません。
もたもたしている間に
事態が悪化してしまうかもしれません。

どうぞ気軽にお問い合わせください。

 事務所だより

リンク集