お客様の発展を総合的に支援します。
お気軽にお問い合わせください。

案内板

借入れサポート(金融機関)

○借入れサポート
 ここでは金融機関から、借入れをする場合について説明します。借入れをする場合、新規開業者と、すでに現在事業を行っている方とは、少し違いますので区別して説明します。

1.新規開業者の場合
 新たに事業を始める場合には、当初ある程度の資金が必要になります。自分たちが生活していくための資金から設備を整える資金、それに当面の運転資金がいり手持ちのお金を使っていくと将来が不安になります。このような場合、設備を整える資金や運転資金を金融機関から借入れます。
現在、新規開業者に対する融資は思いのほか緩やかです。しかし、借り方を誤ると出るはずの資金が出なかったり出ても少なかったりしますので注意しましょう。ここでは、政府系金融機関と銀行や信用金庫などとを別に説明します。

(1)政府系金融機関から借りる場合
 一般的に政府系金融機関と言えば日本政策金融公庫(国金)が有名です。ここでは新規開業者に対する窓口が別に設けてあり、親切に対応してくれます。
日本政策金融公庫は保証料を別に支払う必要がなく、また銀行等に比べて金利も安く設定してありますのでここから借りるのが一番良いようです。
当事務所と顧問契約を結んで頂いている方は借入れの申込から資料の作成まで当事務所行っており、審査当日には公庫の方に当事務所まで来て頂き税理士の立会いの下で面談を行いますので安心して行えます。)

(2)銀行や信用金庫から借りる場合
 銀行等から借りる場合どこの銀行から借りた方がいいか分かりませんが一般的には自分の生活費の支払いなどの取引がある銀行が良いようですが、全く新しい取引先の銀行でもきちんと対応してくれます。
新規開業者の場合には県や市等の制度融資というのがあり保証協会等の保証によって借入れを行います。銀行等から借入れをした場合、支払う利息の他に保証協会等の保証料を別に負担します。この保証料は借入時に銀行が差し引いて振り込んできますので、予定の金額に足らない場合がありますので注意が必要です。

2.すでに事業を行っている場合
 現在事業を行っていて、新たに設備を購入する場合や当面の仕入れ資金などの運転資金が必要な場合には金融機関から借入れをします。新規の場合と同じように政府系金融機関と銀行等を別に説明します。

(1)政府系金融機関から借りる場合
 ここでも一般的な日本政策金融公庫について説明します。日本政策金融公庫から借入れをした場合、毎月の返済が遅れたり返済してない等のトラブルがないと次の借入は比較的簡単に行えます。以前は半分返済を済ませないと次の融資は中々大変だったのですが現在の不況の中で2割ほどしか返済してなくても運転資金の融資が可能になっています。
 また、設備資金の借り入れの場合、設備の内容によって支払う金利が有利になる場合がありますので窓口でよく相談した方が良いです。日本政策金融公庫は銀行等に比べて金利が安いうえに保証料の負担がありませんので、ここからの借入れをお勧めします。
(当事務所と顧問契約を結んで頂いている方は借入れの申込から資料の作成まで当事務所行っており、審査当日には公庫の方に当事務所まで来て頂き税理士の立会いの下で面談を行いますので安心して行えます。)

(2)銀行や信用金庫から借りる場合
 銀行等から借入れをする場合、現在取引のある銀行から融資を受けるのが信用もありますのでスムーズにいきます。
銀行が融資をする場合には一般的に保証会社などの保証を入れて融資をしますので長期の借入をした場合、当初に保証料を差し引かれ金額が不足する場合がありますので注意が必要です。
また、現在 県や市の多くの制度融資があり自分に合った融資を選べるのですが、銀行に任せてしまうと銀行に有利な制度融資を勧めてきたりしますので慎重にする必要があります。
2018年3月16日更新
お気軽にお問い合わせください。
岩下税理士事務所