お客様の発展を総合的に支援します。

御挨拶と業務内容

節税および助成金の申請

節税はとても重要です、さまざまな角度から最善の方法を提案させて頂きます。

売上増を求めるもよし、リストラするもよし⇒さらに良いのが節税です。
 具体例で示すと、100万円の経常利益を増加させるには、売上を4千万円増加させなければならない。
         ▼
 同様にリストラで考えた時には、百万円の人件費等の削減でよいことになる(ただし売上増は期待できない)
         ▼
 一方百万円を節税が出来たなら、リストラすることなく4千万円の売上を増加させたのと同じ経済効果が生じる。

小規模企業共済制度ってご存知ですか?

 いろいろ特典がありますが、1番は節税です。
課税される所得金額が400万円の事業主が、毎月7万円積み立てた場合、申告所得税と市民税で238,000円も税金が安くなります(定期預金金利に直すと28.3%です)
(掛金累計額の範囲内で、融資も受けれます=担保、保証人は不要)                  当然、私自身も掛けています。

小規模企業倒産防止共済制度ってご存知ですか?
(取引先企業の倒産からあなたを守る制度です)

 メリット① 掛け金は税法上経費(損金)に算入出来ます。私は、別の理由で掛けていますが
 メリット② 最高8000万円の融資が無担保無保証人で受けれます。

今政府は経済発展の為さまざまな税法を改正しています
 「例」生産性向上設備投資促進税制(油圧ショベルの購入)の場合購入額全額が損金算入または税額控除10%のどちらかを選択して申告することが出来ます。

生命保険の嫌いな方(私もかってそうでした)
でも…にもなり、将来の退職金にもなる、二重丸の保険有ること知っていますか?

節税と脱税の違い解かりますか?税法の世界は合法と違法(違法は本税の35%の罰金が科せられます)の境界線が微妙で、調査でよく問題になります⇒そこが私の出番です。


☆助成金・奨励金のあれこれ
 いつどんな助成金の募集があるか、事前に確認しておく必要があります。
 ▼助成金・奨励金は下記のものがあります。
 ・特定求職者雇用開発助成金(高年齢者、障害者等で一人年間40~60万円の助成が有ります)
 ・高年齢者雇用安定助成金
 ・雇用調整助成金
 ・地いく雇用開発奨励金
 ・両立支援等助成金
 ・トライアル雇用奨励金
                ⇒問合せ先 都道府県労働局雇用均等室
 
               イタリアのドゥオモ↓
067縮小
2018年8月13日更新
お気軽にお問い合わせください。
上堀 幸一 税理士事務所