メニューバーより「あんしんサポート」ツールをご覧下さい。↓

相続税あんしんサポート

相続~遺産分割と相続人編~

 大切な方が亡くなったとき、その配偶者やこどもが財産を引き継ぐ場合に「相続」が発生します。このとき

◆亡くなった人は「被相続人」

◆法律で定められた相続人は「法定相続人(=亡くなった人の配偶者である夫または妻と子供・両親・兄弟姉妹)」といいます。

◆法定相続分の内容は下記(注)をみてください。

 
相続分修正
◆亡くなった人に配偶者がいれば必ず相続人となります。

◆配偶者に子供がいるとき

 配偶者(1/2)と子供(1/2)が相続

◆配偶者に子供がなく、亡くなった人の父母が健在のとき

 配偶者(2/3)と父母(1/3)が相続

◆配偶者に子供がなく、亡くなった人の父母が他界し、兄弟姉妹がいるとき

 配偶者(3/4)と兄弟姉妹(1/4)が相続


★(注)法定相続分とは、財産を分ける割合をいいます。相続はこの割合で絶対行わなければならないというものではなく、相続人が「話し合いによる合意」で決めます。その合意する際の『よりどころ』を法律(法定相続分として)で定めています。

お気軽にお問い合わせください。
井上和久税理士事務所