★税務・会計・経営相談の良きパートナー、名古屋の野嵜裕二税理士事務所です★創業は亡き父野嵜義雄が昭和35年3月、おかげさまで今年で創業59年に★事務所スタッフ(パート)求人募集中(令和元年7月現在)

お役立ち情報

株式会社設立の流れ


株式会社設立の流れ





株式会社設立の流れ

株式会社設立の流れ


会社の概要の決定

発起人・役員・商号・事業目的・決算期・資本金額など
会社の設立を進める上での必要事項を決めておきましょう。




類似商号、事業目的の適否チェック

会社の本店所在地を管轄する法務局でチェックします。
事前に電話で管轄法務局を調べておきましょう。 → 管轄法務局のチェック




印鑑を発注

類似商号の調査を終え、社名が確定しましたら印鑑を発注しましょう。
印鑑には規格サイズがありますが、印鑑屋さんで「会社の代表印」と言えば適切なサイズの

印鑑を作ってもらえます。お急ぎで安い印鑑なら → ハンコヤドットコム




定款の作成

定款とは会社の基本的な決め事を記載した書類のことです。
この定款に記載すべき事項は法で定められており、必ず記載しなければならない事が1つ

でも抜けていると、後の「認証」もしてもらえませんし、定款も無効になってしまいます。




定款認証

定款の作成が済んだら公証役場で定款の認証を受けます。定款認証事務は、同一都道府県内の公証役場ならどこでもいいので、都合の良い公証役場を事前に調べ、日時を電話で打ち合せておくとスムーズです。 →全国の公証役場一覧

■公証役場に持参するもの
○定款3通  ○費用・・・収入印紙4万円、 認証手数料 5万円、謄本交付代250円×枚数

○発起人全員の印鑑証明書 各1通 ※発起人が法人の時はその登記簿謄本 

○公証役場に出向く人の実印
○委任状

※原則は発起人全員が公証役場に出頭します。その場合はこの委任状は必要ありません。 

⇒ 4万円もお得!電子定款認証とは?




資本金の払込

定款において決めた資本金(定款記載の出資額と同額)を出資者自身の名義で払込ます。

流れとしては以下の通り手続き・書類作成をします。

1.資本金を自分名義の口座に自分名義で振り込む  
2.通帳の表紙と1ページ目、上記払い込みをしたページのコピーを取る。
3.払込証明書を作成して、上記のコピーを一緒につづる。
4.上記書類の継ぎ目に会社代表印を押して終了。 




登記申請

資本金払込後、2週間以内に法務局へ登記申請をします。

会社成立日は「登記申請をした日」ですので、ご注意下さい。



税務・労務等の諸届出が必要です。 会社設立後すぐに済ませておきましょう。


URL
お気軽にお問い合わせください。
名古屋の税理士/野嵜裕二税理士事務所   ★南区・瑞穂区★(新瑞橋)★
電話:052-822-6300
受付時間:

9:00~17:30(月~金)

お問合せフォーム