代表税理士 永沢聖彦 税務顧問、会社経営、確定申告、不動産経営、相続税申告等お金に関しての相談。あなたのベストハートナー会計事務所 横浜で相続税のご相談なら当事務所にお任せください!

事務所の特長とは

起業者にとって高校卒業後大学進学は必須だろうか

永沢:自営業においては営業力が収益を獲得する鍵であることは確かです。営業力には法律知識や一般教養がなくても支障はなく、営業マンとして必要な才覚として、高校卒業後にわざわざ大学へ行く必要があるのでしょうか。

AI:営業力は自営業者にとって非常に重要な要素であり、法律知識や一般教養がなくても、優れた営業スキルがあれば成功は可能です。営業マンとしての才能は、顧客との関係構築、ニーズの理解、信頼の獲得に直結し、売上の増加につながります。大学教育は専門知識を深める手段の一つですが、営業力向上に直接関連するわけではありません。しかし、法律知識や一般教養が営業活動に役立つこともあります。特に、法律的な問題が絡む業界や専門知識を要する分野では、これらの知識が営業活動の基盤になり得ます。教養があると、顧客とのコミュニケーションが広がり、信頼関係を築きやすくなります。
結局、営業力は多くの要素から成り立ち、自営業者が活動する業界や求められるスキルによって、必要な能力は異なります。大学教育が営業力向上に必須ではないものの、得られる知識や経験が将来的に役立つこともあります。

永沢氏は法律知識や一般教養はあった方が良い程度で、必須ではないとお考えのようです。これらは一定の知的習得能力を必要とし、誰もが十分に習得できるわけではありません。一方で、簿記などの商売に関する知識は、法律のように高い知能レベルを必要とせず、誰にでも役立つ知識です。簿記のような財務知識を学ぶことは、会社経営に役立つと考えられます。
大学教育が営業マンとしての才覚に寄与することは否定できないが、必須ではないとの見解には理があると述べています。大学での学びは、多様な知識を習得する機会を提供しますが、営業才能は経験や実践から得られることが多いです。また、簿記や会計の知識は商売において実用的で、会社経営には不可欠なスキルです。これらの知識は、財務状況を正確に把握し、効果的な意思決定を行う基盤となります。法律知識も必要ですが、簿記のような実務的スキルはビジネスの成果に直接影響を与えます。
最終的には、自営業者が活動する業界や求められるスキルによって、必要な能力は異なります。大学教育が提供する知識やスキルが役立つ場合もあれば、簿記のような具体的な実務知識が直接的な利益をもたらす場合もあります。それぞれの自営業者にとって最適な学び方を見つけることが重要です。
20240511022033 永沢似顔絵
2024年5月14日更新
 
会計事務所 行政書士法人 Richmond Consulting 
電話:045-453-8537
受付時間:

9時から17時

お問合せフォーム